文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

妊産婦医療費助成について

関連用語:妊産婦、医療費、助成

 町では、妊産婦が安心して出産・育児ができるように、医療機関を受診したときの医療費の助成を行っております。
 転入された方も妊産婦であれば、助成を受けられます。詳しいことはお問い合わせください。

このページの先頭へ

対象者

 妊産婦

このページの先頭へ

助成内容

 通院・入院を問わず、一度医療機関で医療費を支払っていただき、後日申請書を提出の上、保険適用分の医療費から一部負担金(※1)を差し引いた金額を助成します。

※1 一部負担金…妊産婦本人が負担する医療費 同一の医療機関受診のうち 通院 月1〜4回まで530円 5回目以降無料 入院1日につき 1,200円

このページの先頭へ

期間

 町長に妊娠届を提出した月の翌月初日から、出産した月の翌月末日まで。

このページの先頭へ

必要な手続き

助成を受ける前に

 母子手帳発行と同時に、妊産婦医療費受給者証交付の手続きを行います。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 妊娠届
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 妊産婦本人名義の預金通帳

このページの先頭へ

助成を受ける時

 所定の申請書に必要事項を記入していただきます。その際、医療機関で診療報酬を支払ったことを証明するもの(領収書)及び印鑑を持参してください。
 申請から10日から1ヶ月程度で指定された口座への振り込みを行います。
 受診月から6ヶ月以内に申請を行ってください。

このページの先頭へ

次の場合は、必ず届出をお願いします。

  • 保険証が変わったとき
  • 住所が変わったとき
  • 町外へ転出するとき
  • 受給者証を紛失したとき

このページの先頭へ

申請書等の様式について

 阿賀町妊産婦及び乳幼児の医療費助成に関する規則

このページの先頭へ

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 健康福祉課

電話:0254-92-5763 FAX:0254-92-3001

このページの内容は以上です。暮らし「子育てについて」へ戻る  このページの先頭へ