文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

住宅改修費の支給について

関連用語:住宅、改修、助成

 住宅改修をする際には、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談ください。
 住宅改修の着工前には、必ず事前申請が必要です。
 介護保険の対象となる住宅改修をした場合、かかった費用の9割を支給します。

介護保険の対象となる住宅改修の範囲

  • 手すりの取り付け
  • 段差解消
  • 滑り防止の床材変更
  • 扉の引き戸への変更
  • 洋式便器への取り替え

費用のめやす

 現住居につき20万円を限度額とし、利用者がその1割を負担します。いったん改修費用の全額を負担し、町に申請すると保険給付分(費用の9割)が後から支給されます。(原則1回限りの支給)

事前に必要な書類

完成後に必要な書類

  • 領収書
  • 領収書の内訳書
  • 完成後の状態を確認できる書類(改修前後の状態を確認できる日付入り写真など)

申請する人

 ※住宅改修の申請は担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)が全て代行で行います。

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 健康福祉課

電話:0254-92-5763 FAX:0254-92-3001

このページの内容は以上です。健康・福祉「介護保険」へ戻る  このページの先頭へ