文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

社会福祉法人等による利用者負担の軽減について

関連用語:減免、負担金

社会福祉法人等による生活困難者の利用者負担軽減について

 社会福祉法人が経営する事業所で、特に生計が困難な利用者に対して、利用者負担の1割分と食費、居住費(滞在費)の利用者負担分の4分の1(老齢福祉年金受給者は2分の1)の軽減を実施します。

軽減の対象となる条件

 町民税世帯非課税者であって、次の要件の全てを満たす方のうち、その方の収入や世帯状況、利用者負担等を総合的に勘案し、生計が困難であると町が認めた方が対象となります。

  1. 年間収入が単身世帯で150万円以下であること(世帯員が1人増えるごとに50万円を加算した額以下であること)
  2. 預貯金の額が単身世帯で350万円以下であること(世帯員が1名増えるごとに100万円を加算した額以下であること)
  3. 日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと
  4. 負担能力のある親族等に扶養されていないこと
  5. 介護保険料を滞納していないこと
  • ※軽減には、健康福祉課窓口に申請し、社会福祉法人などに掲示するための「確認証」を交付してもらう必要があります。

申請に必要なもの

申請する人

 本人または家族

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 健康福祉課

電話:0254-92-5763 FAX:0254-92-3001

このページの内容は以上です。健康・福祉「介護保険」へ戻る  このページの先頭へ