文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

地域密着型(介護予防)サービスの内容について

関連用語:介護予防、地域

地域密着型(介護予防)サービス

 住み慣れた地域を離れずに生活を続けられるように、地域の特性に応じた柔軟な体制で提供されるサービスです。利用者は阿賀町の住民の方に限定され、町が事業者の指定や監督を行います。
※サービスの種類、内容などは市町村によって異なります。

※町へ事前に相談されてから「事業計画書」を提出してください。介護保険法第78条の2第5項により、申請があった場合においても指定できないことがありますのでご留意願います。

  • (介護予防)小規模多機能型居宅介護
    小規模な住居型の施設で、「通い」を中心に「訪問」「短期間の宿泊」などを組み合わせて、食事・入浴などの介護や支援が受けられます。
  • (介護予防)認知症対応型通所介護
    認知症の高齢者が食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられます。
  • (介護予防)認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
    ※要支援1の方は利用できません
    認知症の高齢者が共同で生活できる場(住居)で、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。
  • 夜間対応型訪問介護
    ※要支援の方は利用できません
    夜間に定期的にヘルパーが巡回する訪問介護と、緊急時に利用者が通報するとヘルパーが急行する24時間態勢の訪問介護があります。
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
    ※要支援の方は利用できません
    つねに介護が必要で自宅では介護ができない方を対象として、定員30人未満の小規模な施設で、食事・入浴などの介護や健康管理を受けられます。
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
    ※要支援の方は利用できません
    定員30人未満の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 健康福祉課

電話:0254-92-5763 FAX:0254-92-3001

このページの内容は以上です。健康・福祉「介護保険」へ戻る  このページの先頭へ