文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

応急処置法

関連用語:応急処置,心肺蘇生法,AED

このページの先頭へ

心肺蘇生法の手順

番号 写真 1〜7まで順に行なう 注意事項
1 反応を調べる説明写真

・耳元で「大丈夫ですか」と呼びかけながら傷病者の肩を軽くたたき、反応があるかないかを見る。

▼何も反応がないとき、反応なしと判断。

◇目を開けたり、何らかの反応があれば「反応有り」。

・反応があれば、傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行なう。

・交通事故などで、頭や首に怪我がある場合や、疑いのあるときは、体をゆすったり、首を動かしてはならない。

2 助けを呼ぶ説明写真

・反応がなければ大きな声で「誰か救急車を呼んで」と助けを求める。

※AED(自動体外式除細動器)があれば持ってきてもらうようお願いする。

◇もしも誰もいなければ、119番通報をまず行なう。

3 呼吸を調べる説明写真

・傷病者の胸腹部を注視し、胸や腹部の上下の動きを見る。

▼胸腹部の動きがないか、または正常な呼吸をしていない(「死戦期呼吸」と呼ばれるしゃくりあげるような途切れ途切れの呼吸)であれば「呼吸なし」と判断する。

◇呼吸の確認に10秒以上かけないようにする。

◇約10秒かけても判断に迷う場合は、呼吸がないものと判断する。

4 心臓マッサージ手のひらで押す。説明写真説明写真

・胸の真ん中を、重ねた両手で「強く、早く、絶え間なく」圧迫する。

・胸の真ん中(左右の真ん中で、かつ、上下の真ん中)に、片方の手の付け根を置く。他方の手をその手の上に重ねる。(両手の指を互いに組むと、より力が集中します。)

・1分間に100回〜120回の速さで30回連続して絶え間なく圧迫する。

・肘をまっすぐに伸ばして体重をかけ、胸が約5cm沈むほど強く圧迫する。小児では両手または片手で、胸の厚さの約1/3沈み込む程度に圧迫する。

◇良くない例
×斜めに圧迫する。
説明写真
肘を曲げて圧迫する。
説明写真
5 気道の確保(空気の通り道)説明写真

・片手を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本をあご先に当てこれを持ち上げ、気道を確保する。

◇指で下あごの柔らかい部分を圧迫しない。

◇頭を無理に後ろにそらせない。

6 人工呼吸(口対口)説明写真

・気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまむ。

・口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようして、息を約1秒かけて2回吹き込む。

◇吹き込んだときにスムーズに吹込みができなかった場合はもう一度首を戻して気道確保をやり直して吹き込む。

◇ハンカチなどを当てて行なってもかまわない。

◇傷病者に傷や出血がありできない場合、心臓マッサージのみを行なっても良い。

7 心肺蘇生法の実施説明写真

・30回の心臓マッサージと、2回の人工呼吸のサイクル(30:2)を繰り返す。

・30:2のサイクルを救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続ける。

◇救助者が2人以上いる場合は2分間(5サイクル)を目安に交代する。

心肺蘇生法の手順
※心肺蘇生法を行っている途中でAEDが届いたらすぐにAEDを使う準備を始める

このページの先頭へ

AEDの使用手順

番号 写真 8〜12まで順に行なう 注意事項
8 AEDの到着と準備説明写真説明写真説明写真説明写真

(1)AEDを傷病者の横に置く。
・AEDを傷病者の頭の横に置く。ケースから本体を取り出す。

(2)AEDの電源を入れる。
・AEDのふたを開け、電源ボタンを押す。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もある。電源を入れたら、以降は音声メッセージとランプに従って操作する。

(3)電極パッドを貼る・傷病者の衣服を取り除き、胸をだす。
・電極パッドの袋を開封し、電極パッドをシールからはがし、粘着面を胸部にしっかりと貼り付ける。

◇電極パッドを貼り付ける際にもできるだけ胸骨圧迫を継続する。

◇電極パッドは、肌との間にすき間を作らないよう、しっかり貼り付ける。

9 心電図の解析説明写真

・電極パッドを貼り付けると音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まる。

◇このとき、誰も傷病者に触れていないことを確認する。                    

10 電気ショック説明写真

・電気ショックを加える必要があると判断すると「ショックが必要です」などの、メッセージが流れる。自動的に充電が始まる。

・充電が完了すると「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが出てショックボタンが点灯する。

・充電が完了したらショックボタンを押す。

◇ショックボタンを押す際は、必ず自分が傷病者から離れ、誰も傷病者に触れていないことを確認する。

◇電気ショックが加わると、腕や全身が一瞬けいれんしたようにビクッと動く。

11 心肺蘇生法を再開説明写真

・電気ショックを完了すると、「ただちに心臓マッサージを開始してください」などの音声メッセージが流れるので、これに従って、直ちに心臓マッサージを再開する。

・心臓マッサージ:人工呼吸30:2の組み合わせを続ける。

◇AEDを使用する場合でも、心電図の解析や電気ショックなどでやむを得ない場合を除いて、心臓マッサージと人工呼吸をできるだけ絶え間なく続ける。

12 AEDの手順と心肺蘇生法のくりかえし

・心肺蘇生法を再開してからAEDは自動的に心電図の解析を再び行なう。音声メッセージに従う。

 

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町消防本部 警防課

電話:0254-92-0119 FAX:0254-92-2579

このページの内容は以上です。暮らし「消防や防災について」へ戻る  このページの先頭へ