文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

住宅用火災警報器

関連用語:火災警報器、家庭、火事

このページの先頭へ

住宅用火災警報器設置事業助成金について

 住宅用火災警報器(以下「住警器」という。)は、平成23年6月1日から全ての住宅に設置が義務化され、既に設置されている住宅が多いと思われます。
 交換の目安である10年を経過しますと電子部品の寿命や電池切れのなどにより火災を感知しなくなる恐れがあります。そういう事態を防ぐため阿賀町消防署では住警器の交換を呼びかけております。早期に火災を発見し、あなたの「生命」、「身体」、「財産」を守りましょう。
 阿賀町では、75歳以上の高齢者世帯を対象に助成金の交付制度があります。新しい住警器に交換、又は購入をした場合、本ページを参考にして所定の申請をしてください。
 是非この機会に未設置及び設置不足の住宅も設置していただきますようお願いします。

このページの先頭へ

申請について

  1. 申請期間は、令和元年5月1日から3年間とし、令和元年5月以降に購入したものを対象とします。
  2. 対象者は、町内に住所を有し、現に満75歳以上の者のみで構成されている世帯で1世帯1回限りの申請となります。(2人以上の高齢者世帯の場合、全員が75歳以上の場合が対象世帯となります。)
  3. 個人で複数の住宅を所有している場合は、それぞれの住宅ごとが交付対象となります。
  4. 助成金額は、購入金額の半額とし、12,000円が限度となります。ただし、当該金額に100円未満の端数があるときは、切り捨てとなります。

このページの先頭へ

申請に必要な書類

 申請の際は次の書類を準備し、阿賀町消防本部、各分遣所までお持ちください。

  1. 申請書(様式第1号)
  2. 請求書(様式第2号)
  3. 領収書(コピー可)
  4. 説明書(コピー可)
  5. 保証書(コピー可)

 申請書(様式第1号)、請求書(様式第2号)につきましてはこのページの下部よりダウンロードし、記入例を参考にしてお書きください。
※申請書・請求書につきましては、阿賀町消防本部、各分遣所にもあります。
※補助金申請金額がわからない場合には記入してくる必要はありません。受付時に職員が計算し、補助金額をお知らせします。

このページの先頭へ

設置場所

義務付けられている場所

  • 寝室
  • 階段(寝室が2階にある場合)

おすすめしている場所

  • 居間
  • 台所

このページの先頭へ

様式ダウンロード

 申請を行うための書式についてご案内します。

申請書・請求書


記入例

このページの先頭へ

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町消防本部 予防課

電話:0254-92-0119 FAX:0254-92-2579

このページの内容は以上です。暮らし「消防や防災について」へ戻る  このページの先頭へ