文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

住民異動届(転出・転入等)の方法

関連用語:印鑑登録、印鑑、登録、印鑑証明、証明

 住所を変える場合などは、下記の手続きが必要です。
届出は月〜金曜日の午前8時30分〜午後5時までの間に、町民生活課戸籍係・支所行政係へおいでください。

このページの先頭へ

住所の変更

住所を変える場合は、下記の届出が必要です。

○注意

  • 転入届、転居届については、新住所に住み始める前の届出はできません。
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カードをお持ちの方の転入・転居の手続きができるのは本庁のみとなります。なお、転出の手続きは支所でも可能ですので、詳しくは係までお問い合わせください。
  • 外国籍の方が住所変更をされるときは、下記リンクをご覧ください。
    総務省:外国人住民に係る住民基本台帳制度について
住民異動一覧
  届出の期間 必要なもの 届出人
町外から引っ越してきたとき(転入届) 新しい住所に住みはじめてから14日以内 ○転出証明書(前住所地の市区町村で、転出手続きの際に発行されます)
○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○年金手帳(該当する方)
○通知カード
○委任状(代理人の場合のみ)
1.本人または世帯主
2.代理人(本人自筆の委任状が必要です)

※上記以外の親族等の方が届出されるときは、あらかじめお問い合わせください。  
町外へ引っ越すとき(転出届) 転出が決まってから、転出するまでにあらかじめ ○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○年金手帳(該当する方)
○国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証(該当する方)
○委任状(代理人の場合のみ)
町内で引っ越したとき(転居届) 新しい住所に住みはじめてから14日以内 ○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○年金手帳(該当する方)
○国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証(該当する方)
○通知カード
○委任状(代理人の場合のみ)

※転出届をしてから、新住所地で転入届をしないまま放置すると、どこの住民基本台帳にも登録されない状態になってしまいますので充分ご注意ください。

このページの先頭へ

世帯の変更

 世帯主を変更したり、世帯を分離したりする場合は下記の届出が必要です。

世帯の変更一覧
  届出の期間 必要なもの 届出できる人
世帯主を変更するとき 変更してから14日以内 ○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証(該当する方)
○委任状(代理人の場合のみ)
1.変更前または変更後の世帯主(分離のときは分離する人)
2.代理人(上記の新(旧)世帯主自筆の委任状が必要です)

※上記以外の親族等の方が届出されるときは、あらかじめお問い合わせください。
世帯を分離または合併するとき 分離または合併してから14日以内 ○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証(該当する方)
○委任状(代理人の場合のみ)
世帯主が転出や死亡などでいなくなったとき 世帯主の転出や死亡の日から14日以内 ○印鑑
○届出人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
○国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証(該当する方)
○委任状(代理人の場合のみ)
1.新しく世帯主となる方
2.代理人(新しい世帯主自筆の委任状が必要です)

※上記以外の親族等の方が届出されるときは、あらかじめお問い合わせください。

このページの先頭へ

お問い合わせ先
  • 町民生活課 戸籍係 電話:0254-92-5761
  • 鹿瀬支所 行政係 電話:0254-92-3331
  • 上川支所 行政係 電話:0254-95-2214
  • 三川支所 行政係 電話:0254-99-2311

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 町民生活課

電話:0254-92-5761 FAX:0254-92-4736

このページの内容は以上です。暮らし「住民票や戸籍について」へ戻る  このページの先頭へ